スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フレンチブルドッグひろば

秋の旅行、お留守番のキミ

お久しぶりです。
間があいてしまいましたが、イヴも元気ですよ~。

先週末は旅行へ行ってきました。
(イヴは、母に預けてお世話をお願いしたのでお留守番でした。)

さて、女二人旅の行き先は、こちら。
23_11_03_京都旅行1

そうです、京都へ行ってきました!紅葉にはまだ早いけど、
日中はすこし暑いくらいで夜も冷え込むこともなく、観光しやすい時期だと思います。

朝、京都駅のトイレの個室に入って感じた違和感。
トイレットペーパーがなかったんです!!!!
驚きと焦りで「え・・・え?!えーーー!!!」となりましたが、ポケットティッシュで難を逃れました。
出てすぐの壁に「水に溶けるティッシュ1個100円」という自販機(かなりひっそり小さめ)を発見。
もしかして、知らなかった私は少数派?みんな知ってるのかなぁ・・・。
一緒に行った幼馴染は私と同じ反応でしたけどね~。

市バスで清水寺へ、境内のお茶屋さんでわらび餅を食べ、昼食(目当てのおばんざい屋さんにたどり着けず、チェーンの定食屋さんで妥協(汗))、金閣寺に向かったのですが、
市バスはとにかく路線がたくさんあって、バス停もなかなか見つけられず、見つけても目的地に行けるのか
なかなか判断できず、迷う都度、親切な地元のおばさまに教えていただきながらの道中でした。
でも、右往左往したり、寄り道したり、ああでもない・こうでもないと議論しながらというのも旅の醍醐味として
楽しかったです。


清水寺では絶景を眺めて、100段はあるであろう階段を息切れし手すりにすがりながら昇り下りし(それを写真に収めて笑っているドSな幼馴染Fちゃん)、中にある縁結びで有名な地主神社で、あえて家内安全を祈ってきました。

こちらは橋の下を流れていた鴨川です。水が透き通っていて、とても綺麗でした。
川原でひなたぼっこやお散歩する人たちがけっこういました。ほとりでお弁当を食べても気持ちいいだろうな~。
23_11_03_京都旅行3

夕方の金閣寺。
一眼レフは持って行かなかったのでコンデジでしたが、割とキレイに撮れました。
23_11_03_京都旅行4

都路里の特選抹茶パフェ。
カステラやソフトクリーム、シャーベット、ゼリー、白玉等、色々な抹茶味と食感が楽しめます。
400gとちょっと量が多いですが、ほどよい甘さと抹茶の風味がしっかりと感じられる一品でした。
23_11_03_京都旅行5

宿泊先の京都ホテルオークラの京料理店「入舟」で朝食です。
どのおかずも、素材の味を引き出すようなひかえめだけどしっかりした味つけで、
月並みな言葉ですが、ほんとうに美味しかったです。
一品一品にこだわりが感じられて、感動しました。
23_11_03_京都旅行6

2日目の午前中に京都駅へ到着し、お土産を買い込んで、早めに帰路に着きました。
(平等院へ行く予定だったのですが、足が筋肉痛&気疲れで戦意喪失したため(笑)

家に帰ると「ぶひ、ぶひひ~!!!」と寂しかったアピール&熱烈な歓迎に合いました。
ママもイヴがいない右腕は軽くて心もとなかったよ~(泣)
その割りに楽しそうな顔してるけどって?
じゃーん!イヴへのお土産はこれです!
23_11_03_イヴ1

唐草模様の手ぬぐい。
「どう!似合ってるでしょ!」
このドヤ顔、レシートに「がーぜてぬぐいどろぼう」と書いてあるだけあって、
どろぼうさんになりきれるのね(笑)
23_11_03_イヴ2

はい、じゃあ逮捕します。
「ガーン!なんですと!?」
なんでって決まってるじゃないの、可愛すぎてママのハートを盗んだ罪で・す・よv(親ばか)
23_11_03_イヴ3


おまけ

帰宅した日の夜ご飯です。
おいしくてまとめ買いしてしまった「土井漬物本舗」さんのお漬物づくしです。
これだけでご飯がすすむすすむ~。
ありあわせのきんぴらを添えて根菜まみれに・・・塩分たかっ!
まぁ、たまにはこんな日もあってもいいですよね。
23_10_28_京都旅行7

私信
付き合ってくれた幼馴染のFちゃん。
行きの新幹線の中で、旅行のプランそっちのけでマシンガントークを繰り広げましたね。
あなたと一緒だと行き先はどこでも楽しいんだと思います。
本当にネタが尽きないよね(笑)
また今度、旅行と言わずご飯でも行きましょうv

スポンサーサイト


フレンチブルドッグひろば

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yumi0821

Author:yumi0821
登場人物
イヴ:フレンチブルドッグ(2007年9月21日生)♀
約7kgと小柄で、初対面の人には何ヶ月?と聞かれるほど。
甘えん坊。
気に入らないことがあると、口たぶをかみ締めて不満口。
自分のベッドより飼い主の足の間で寝る寂しがり屋さんです。

yumi:イヴを愛してやまない20代♀。
ナチュラルインテリアやおうちカフェを探究中。

たまに登場
masa(夫):同じくイヴと相思相愛。
穏やかで少し天然(笑)

イヴカウンター
いくつになったの
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。