スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フレンチブルドッグひろば

じんましんと喘息のキミ

こんばんは♪

※今日は病院でのすごく長いお話です。
いつもの笑顔がありませんが、それでもいいよという方のみご覧下さい(^^;







今日は、先日のおハゲの治療の経過を見ていただくため、かかりつけの病院へ行ってきました。

ところが病院まであと10分というところで、イヴの呼吸が、パンティング(ハァハァ)からガァガァとまるで喘息のように変わったため、急いで診察していただきました。

血液検査の結果、熱中症ではなく(肝臓の数値が悪化していない等)、急性の喘息のようなものだとのこと。

イヴは喘息なんてもってなかったのにどうして?
何か変なもの食べさせたかな…
何か触れてるものがいけなかったのかな…

オロオロとただ戸惑い心配するばかりの、情けない私。
その反面masaがしっかりと、イヴを励ましてくれました。

このままだと命にかかわるということで、喘息を鎮静し、気管を広げ呼吸を楽にするネブライザー室で治療をすることに。
しばらく待合室で待っていたら、先生が
「イヴちゃん、お母さんがいないと落ちつかないみたいなので、傍にいてあげて下さい。」
と治療・入院室に入れてくださいました。


朝食べたご飯も戻してしまい、それをまたまむまむと食べるイヴ。…う゛、う~ん…。
つらいのにやっぱり病院は嫌で、立ったり、力なく伏せたりと落ちつかないイヴ。

「だいじょうぶだよ、もうちょっとがんばろうね。」
と半泣きになりながら声をかけますが、苦しそうにガァガァと呼吸をしているのに何もしてあげられない自分が情けなくて仕方ありません。
24_09_01_イヴ3

どのくらいそうしていたでしょうか…たぶん、1時間近く経ったころ、
「呼吸も落ちついてきたので、シャワーで冷やして酸素室に入って酸素を循環させましょう。
 もうすぐおうちへ帰れますからね。」と先生。
しばらくすると、ほとんど外に出ていた舌も、チョロ~くらいになってきました。
こちらを見てはそわそわ、ケージの外をちらちらと、様子を伺う余裕も出てきました。

二人して、ほぅ…と胸を撫でおろしました。
24_09_01_イヴ4

酸素室でも1時間近く。帰ろうよ~アピールがこんなにつらく感じたことはありません。
24_09_01_イヴ5

容態が落ちついたので、帰宅の許可を得ましたが、結局のところ原因は分かりませんでした。
ただ、接触性のアレルギー性呼吸疾患であることは間違いないので、
「何に触れたか・口に入れたか」
をおうち・車の中等、イヴがいるところ全てで最近変わったことがないか、おそらくそれが原因だと思うとのことでした。


実は、先月22日(水)の夕方、日中イヴの面倒を見ていてくれている母から、イヴの顔が腫れてる!と連絡があったのです。私が急いで帰ってきたころには引き始めていたので、様子を見ることにしました。
24_09_01_イヴ1

でもその次の日の夕方にはまぶたが腫れている!!
すぐに近くの病院に連れて行ったのですが、「接触性のじんましん」と診断されました。

新しくベッドに入れたブランケットかな?
メインのベッドを洗濯してる間のサブとして敷いた座布団かな?
ケージの柵の金属の部分に顔をくっつけて寝てたかも。

と取り除いて、いつものベッドに戻したら、お薬の効果もあって次の日にはもとの丸顔に戻っていました。
24_09_01_イヴ2




話が前後して分かりにくいかもしれませんが、
かかりつけの先生の全てをふまえた見解としては、

・22日のじんましんも、今日の喘息のような発作も、接触性なので同じものが原因となっているはず。
・原因を探して、取り除かないことには、同じことが起こる可能性がある。

との頭の痛いものでした。
何が原因なんだろう…取り除いたのに今度は発作(>_<)

地道に探していかなくちゃ。。。


そして今まで見たことないくらいの種類のお薬を飲んで(おハゲは生えつつあるので後回し)、3週間後に再診・おでかけ禁止令が下されました。
イヴはおうちの中が好きなので、あまり気にしていないのが幸いですが(^^;
24_09_01_イヴ6


と、長々と綴ってしまいご心配をおかけしましたが、疲れているので眠いのと、注射やシャワーや閉じ込めと嫌なことオンパレードだったので落ち込んでいるだけで、イヴはもう元気です(*^^*)
24_09_01_イヴ7


まとまりのない文章になってしまいましたが、記録用・私の独り言として大目にみてくださいね(汗)
原因を探しながら、もう二度と同じことを起こさないようにしないといけません。

そして、明日は嬉しい贈り物編をお届けしたいと思います♪
スポンサーサイト


フレンチブルドッグひろば

コメントの投稿

非公開コメント

何が原因なのか特定出来ないのは不安ですが
お二人が側にいるときで本当によかった!
不幸中の幸いでしたね

イヴちゃんの症状が早く落ち着きますように

!?

あまりのショックに初コメント

先日、健康を祈ったばかりなのに?!
((((;゜Д゜)))
…ビックリした
とりあえず落ち着いたみたいでよかった。masaさん…やるじゃない( ̄ー ̄)

原因、早めにわかるといいね

No title

病院が近かったのが 不幸中の幸いでしたね(T_T)
命に別条がなくて 本当よかった!!
私もたぶん 取り乱しちゃうと思います
見てるだけで 辛かったよ~
あのお部屋から出られて良かったね
早く元気になって お出掛け出来る様になるといいね ☆

No title

イヴちゃん。症状が落ち着いたようでよかった。
大変でしたね。ホント、病院の近くでよかった。
イヴちゃんもママが近くにいてくれたのでがんばれたんですね。
原因が分からないのは不安ですよね。
うちも原因がわからず顔が腫れたこと2回くらいあります(>_<)

きっとおでかけ出来る頃には過ごしやすい季節になってますね。
ゆっくり休んで元気なイヴちゃんになりますように。

ひぃちゃんへ

はい、フレンチは他犬種に比べてアレルゲンがたくさんあるそうで…。
原因が特定できればいいんですが、おうちの中ではいたって元気なんです…
やっぱり車の中なのかな(>_<)
ご心配いただいてありがとうございます(*^^*)

かきねさんへ

初コメントありがとう♪

先生の迅速な処置のおかげで無事帰ってきて、今はいつも通り元気です^^
私が動揺してちゃダメなのにね…いてくれて本当によかったよ~。

うん、今いろいろと見直してるところ、いつも気にかけてくれてありがとう(*^^*)

コジままさんへ

はい、着いてすぐに処置してもらったので、2時間くらいで治まりました。
もし出てすぐだったらと思うと、ゾッとします…。

どんと構えて、飼い主が気丈に振舞わなくちゃってよく聞くけど、
いざとなると本当に難しいんだなと思いました。
イヴのためにも、もっと強くならないとダメですね(>_<)

優しいお言葉をありがとうございますvV

けいさんへ

落ちつかないと帰せません、と言われて一時はどうなってしまうのかと思いました。
数時間がこんなに長く感じたのは初めてです…生きた心地がしませんでした(>_<)

つくもちゃんもですか?それはかゆいし辛かったですね…。
BUHIはちょっとしたものでアレルギーを起こしてしまう敏感な犬種なんだそうです、たとえば新しい洗濯用洗剤とか、ラグとか、飼い主の手に塗ったハンドクリームとか。
本当に何なんだろう…もどかしいです。

はい、夏を過ぎればハァハァも控えめになるので、気持ちよく過ごせる季節に公園散歩に連れて行ってあげたいです。
今はおうち遊びで我慢してもらって(汗)


No title

イヴちゃん大変だったね・・
私もすぐに取り乱しちゃうほうなので^^;
yumiさんの気持ちが分かりますよ。。。
何が原因か早く分かると良いですね!

兎に角本当に落ち着いて帰って来れて
良かったです・・・

たまふく母さんへ

温かいお言葉、ご心配いただいてありがとうございます(>_<)
基本的に心配性なので、いつもの通院でも緊張しちゃうダメダメな私です(^^;

原因は車の中が汚いからかな?と思って掃除してみたのですが、
する前もした後もあれから起こっていなくて。

とするとおうちの中なのかなぁ、あれからボコボコもゼェゼェも出てないのになぁ…
家中総点検しなければ(泣)

No title

イヴちゃん大変でしたね〜
でもおふたりが一緒にいて、しかも病院に行く途中だったことが
不幸中の幸いでしたね。
まだ不安は残るけどいつも通りのイヴちゃんに戻って
ホントによかった!!
短頭種独特のあのゼェゼェガーガーという呼吸を聞くと、
ホント冷静でいられなくなりますよね。
チャーリーもアレルギーではないんですが、
2年ぐらい前室内のドッグランに連れて行った時に
ガーガーという呼吸になったことがあり、
本当に焦りました。
あの時は完全に私たち飼い主の管理ミスで、
チャーリーに苦しい思いをさせてしまったので反省しましたよ...
昔顔が腫れてボコボコにもなったことがあるんですが、
この時の原因はアロエでした。後でアロエをかじった痕が見つかったんです。
接触性だと原因を特定するのが難しいですね。
愛するイヴちゃんのためにも早く原因が見つかるといいですね!

イヴちゃんのショボン顔も、帰ろうよ顔もチャーリーそっくり!
かわいすぎてニヤついちゃいました♡

miwaさんへ

温かいお言葉をありがとうございます(*^^*)

本当に、"いつも通り"がどれほどありがたいことなのかかみ締めました。
BUHIは体調管理が難しいですよね。年々心配性が悪化している気がします(汗)

チャーリーくんも、ガァガァつらかったですね。
パパさんとmiwaさんがいっしょにいたから頑張れたんだと思います。

アロエでボコボコになるんですね!とても参考になります、ありがとうございますv-345
そういえばイヴもキッチンをウロウロしてることがあるので、間違って口にいれないように気をつけなくちゃ。

ね、ショボン顔、というか口元が特に似てるんですよね~o(≧▽≦)o
チャーリーくんも関節系で大変だと思いますが、どうぞお大事にしてくださいね^^
プロフィール

yumi0821

Author:yumi0821
登場人物
イヴ:フレンチブルドッグ(2007年9月21日生)♀
約7kgと小柄で、初対面の人には何ヶ月?と聞かれるほど。
甘えん坊。
気に入らないことがあると、口たぶをかみ締めて不満口。
自分のベッドより飼い主の足の間で寝る寂しがり屋さんです。

yumi:イヴを愛してやまない20代♀。
ナチュラルインテリアやおうちカフェを探究中。

たまに登場
masa(夫):同じくイヴと相思相愛。
穏やかで少し天然(笑)

イヴカウンター
いくつになったの
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。